相続・遺言・終活のことはお任せください。愛知県西尾市を中心に三河・東海地区全域をカバーする「相続遺言・終活相談所@愛知」です。 

愛知県西尾市の行政書士しらとり法務事務所が運営する「相続遺言・終活相談所@愛知」です。

遺言について

  1. ホーム
  2. サービス
  3. 遺言について

遺言書を作成する意義

このページをご覧になっている方は、何かしら、遺言について興味があったり、疑問があったり、お悩みがあったり、遺言書についての知識や情報が必要な方かと思います。


遺言書を作成する意義や必要についてお伝えします。


遺言書作成は最期の意思表示

遺言書を作成することは、遺言者の最期の意思表示だということをご承知ください。

よく『死人に口なし』と言われますが、亡くなってしまってからは、何か伝えたくても、それは叶いません。

他のページで紹介しています『エンディングノート』同様、法律上自分の想いや意思を実現するために遺言書は存在します。


遺言書の作成が必要な方はどんな方?

遺言書の作成が必要な方ですが、よく資産家でないと必要ないとか、うちは財産もなく揉めそうもないから必要ないとか、耳にしますが、半分正解で半分は不正解だと思います。

遺言書の作成が必要な方というのは、今からの時代全員が必要になるかもしれませんし、全員が不必要になりかもしれません。

???ですよね。

当たり前の話ですが、家々の事情や財産状況、教育、環境、様々な要素が入り混じってくるため、遺言書の作成が必要な方を定義してひとくくりにするのは意味のない議論となります。

ただし、以下の状況が該当される方は少なからず遺言書の作成は是非検討し、専門家にご相談してください。

  • 夫婦間に子供がいない(養子がいらっしゃればOK)方
  • 再婚して前の配偶者との間に子供がいらっしゃる方
  • 自身の相続人になる予定の方の中に障害者や認知症など一人では生活に不自由する可能性がある人がいらっしゃる方
  • 内縁関係にある方
  • 自身の相続人になり予定の方の中に行方不明者や連絡が取れない人がいらっしゃる方
  • 自身の相続人になる予定の人がいない方
  • 自身の相続人以外の方に色々と恩義等があり、その方に財産の一部ないし全部を渡したい方

遺言書の作成が必要かどうか検討するにあたり、遺言書で何ができるのか学習しましょう。


遺言書で出来ること

遺言書を作成することで、以下のことができます。是非参考にしてください。

  1. 遺産の全部を相続または遺贈させる
  2. 遺産を割合で相続または遺贈させる
  3. 予備的遺言(万が一の場合の備え)
  4. 将来相続によって取得する財産を相続させる
  5. 後追い遺言(相続させた遺産をさらに次のものへ相続させる等)
  6. 建物および借地権を相続させる
  7. 遺産分割方法を指定する
  8. 遺産分割方法の指定(清算配分)
  9. 遺産分割方法の指定の委託
  10. 遺産分割の禁止
  11. 相続分の指定
  12. 相続分の指定の委託
  13. 特別受益に関する意思表示
  14. 負担付遺贈
  15. 停止条件付遺贈
  16. 解除条件付遺贈
  17. 始期付遺贈
  18. 終期付遺贈
  19. 遺留分減殺についての別段の意思表示
  20. 祭祀主宰者の指定
  21. 遺言執行者の指定
  22. 遺言執行者の指定の委託
  23. 相続人の廃除
  24. 未成年後見人の指定
  25. 未成年後見監督人の指定
  26. 子の認知(胎内にある子も含む)
  27. 死因贈与契約

ここに挙げたことをどのように活用するのか。ここが専門家の腕の見せ所です。当方では相続専門でスキルの高い専門家がいます。せっかく作成する遺言書が日の目を見ることなく終わってしまったり、無効になって使用することができなかったり、そんなことがないように、当方の無料相談を活用ください。


遺言書の活用例(相続対策)

遺言書の活用例として相続対策に使えることを紹介します。

相続対策というと皆さんが思いつくのは節税対策でしょう。実は相続対策というのは3つの対策があります。

  1. 分割対策…

    相続対策の手始めは分割対策です。この後少し説明しますが、いかに納税対策や節税対策が上手くいっても、分割対策が出来ていなければ絵に描いた餅になります。

    そうです。分割対策というのは相続人がスムーズに相続手続きができるようにするための対策になります。

  2. 納税対策…

    納税対策は相続税の支払いをするための資金対策です。相続税は、お亡くなりになってしまった日から10か月以内に現金一括払いが原則です。

    この資金を用意するためにいかに現金を作るかこの対策が納税対策になります。

  3. 節税対策…

    1.2.の対策の目途が立ったら、最後は節税対策です。納税対策で賄いきいれない分やより多くの資産を次の世代へバトンタッチするために必要な対策です。

    脱税とは違いますので、お気をつけください。

    なお、相続税対策も当方でご相談にのります。税理士をはじめとする各専門家がお力になりますので、一度無料相談へお越しください。

さて、遺言書に話を戻しますが、遺言書は分割対策や納税対策として使うことができます。具体的な方法は家々によりますが、現在の相続税を計算して、家を守っていくもの、援助が必要なもの、支援をお願いしたいものにどれだけ承継させればよいか、そのための資産の現金化をどうするか、より多くのもの納得でき、バトンタッチできる方法を模索して、遺言書に遺すことで、円満な相続手続ができるようになります。


詳しくはお問い合わせください。


遺言書をより詳しく知りたい方は以下で紹介します。

遺言書の作成についてはこちら

無料相談・無料出前相談のご案内

ページの先頭に戻る