相続・遺言・終活のことはお任せください。愛知県西尾市を中心に三河・東海地区全域をカバーする「相続遺言・終活相談所@愛知」です。 

愛知県西尾市の行政書士しらとり法務事務所が運営する「相続遺言・終活相談所@愛知」です。

相続手続きの流れ

  1. ホーム
  2. サービス
  3. 相続について
  4. 相続手続きの流れ

相続手続きの流れ

ここでは、相続人の方が亡くなってしまってからの、相続手続きの一般的な流れを説明します。専門家に依頼した場合は、財産の数や必要な手続きの数によって変わりますが、一般的な処理期間としては2~3カ月位が一つの目安になります。この順序もお家の状況によって変わりますので、気になる方は無料相談をご活用ください。

相続の手続きの流れです。

※1
相続人の確定調査は相続人の順位によって集める戸籍が変わってきます。被相続人の出生から死亡までの戸籍・除籍・原戸籍と各相続人の戸籍を取得し、相続関係説明図を作成します。

※2
財産調査はプラスの財産調査だけでなく、マイナスの財産調査もしましょう。マイナスの財産とは借入金や保証債務などがそれに当たります。個人間の借入や保証債務以外は信用情報機関で調べることができます。年金以外に所得のある方や、申告により還付されるものがある方は死亡後4か月以内に準確定申告が必要です。

※3
限定承認はマイナスの財産がどれくらいあるか分からない場合にプラスの財産を限度として相続をする方法ですが、相続人全員で手続きをする必要があります。相続放棄はマイナスの財産のほうが多かったり、相続に参加したくない場合などに各相続人ですることができます。どちらも相続人であることを知った日から3か月以内に家庭裁判所に申立てます。

※4
相続人間で話し合いをしますが、特にルールはなく、話し合いがまとまらない場合は法定相続分のよる主張ができます。ここで財産をもらわない放棄をするというのは、プラスの財産をもらわないだけで、相続放棄とは違うので、注意が必要です。

※5
相続税の申告が必要な方は死亡から10か月以内に申告が必要なため、ここまでを10か月以内にしてください。そのほか個人で商売をされている方は、死亡から6か月以内に銀行の手続きが必要な場合がありますので、併せて注意してください。

さらに詳しくはこちら

相続人の確定作業

被相続人の財産調査

ページの先頭に戻る