相続・遺言・終活のことはお任せください。愛知県西尾市を中心に三河・東海地区全域をカバーする「相続遺言・終活相談所@愛知」です。 

愛知県西尾市の行政書士しらとり法務事務所が運営する「相続遺言・終活相談所@愛知」です。

相 続 人 の 確 定 作 業 と 法 定 相 続 分

  1. ホーム
  2. サービス
  3. 相続
  4. 相続人の確定作業と法定相続分

相続人の確定作業

被相続人が亡くなってしまった場合に、まず最初にするのが相続人の確定作業です。
では、どうやって行うのでしょうか?まずは戸籍の収集です。

相続人というのは第1順位から第3順位まであります。
まずは第1順位の相続人がいれば、その相続人で相続をします。
次に子がいない場合に第2順位へと移っていきます。
第2順位で親がいない場合は祖父や祖母へも上がっていきますが、いなければさらに上へと上がっていきます。
上(尊属)が全くいなければ、第3順位へ移っていきます。
第3順位は兄弟姉妹になります。下に説明のある代襲相続ですが、兄弟姉妹の場合1代限りしか代襲しませんので、甥や姪の子供には代襲は発生しません。

法定相続

第1順位:配偶者と子がいる場合


配偶者:全体の2分の1

子:残りの2分の1を子供たちで均等に分ける
(この場合は4分の1ずつ)


第2順位:配偶者と親がいる場合


配偶者:全体の3分の2

子:残りの3分の1を父母で均等に分ける
(この場合は6分の1ずつ)


第3順位:配偶者と兄弟がいる場合


配偶者:全体の4分の3

子:残りの4分の1を兄弟で均等に分ける
(この場合は8分の1ずつ)

相続が重なった場合

相続が開始した段階ですでに相続が始まってる。もしくは相続手続きが済んでいないのに次の相続が始まった場合は、以下の人たちが相続人になります。

①代襲相続

 分かりやすくするため第1順位の相続人で例を挙げます。おじいちゃんが亡くなってしまった時に既に子供が亡くなっていたが、子供にはさらに子(孫)がいた場合


配偶者:全体の2分の1

孫:子の相続分2分の1を孫で均等に分ける
(この場合は6分の1ずつ)


※ 代襲相続の場合子の妻は相続人になり得ませんのでご注意ください。


①数次相続

 分かりやすくするため第1順位の相続人で例を挙げます。おじいちゃんが亡くなってしまった後に子供が亡くなってしまったが、その子供にさらに子(孫)がいた場合


配偶者:全体の2分の1

妻:子の相続分の2分の1

孫:子の相続分4分の1を孫で均等に分ける
(この場合は8分の1ずつ)


ページの先頭に戻る